越谷市 解体工事 地中障害 地中の中から擁壁。

なんだかんだと忙しく
さぼっている訳でもないのですが(言い訳・・・)、
久しぶりの更新です!!

本日は越谷市の解体工事。
家屋の解体工事は順調に完了したのですが、
地中から目新しいものが出てまいりました。

よ、よ、ようへき?

「擁壁」ようへき
擁壁(ようへき)は、土壌の安息角を超える大きな高低差を地面に設けたいときに、
土壌の横圧に抗して斜面の崩壊を防ぐために設計・構築される壁状の構造物である。
土留と称されることもあり、一般に土留は簡素で一時的な構造を、
擁壁は本格的で長期的な構造を指す。
———-

隣地との高低差はほぼない状態なのですが昔は違ったのでしょうか。
地中にはアスファルトが敷き詰められており、北側のほうに高さ1.8mほどの
コンクリートの壁がありました。

施主様も驚きを隠せず現地の確認をご一緒した際には、
「なんでここにあるのでしょうか?」と質問されましたが、
残念ながら私にも不明でございます。

これから購入される方は良いかもしれませんが、
これから売却を考える方は「地中障害」のことも一考し
予算を考えることをお勧めします!

—–
埼玉県 川口市 不動産 解体工場 土木工事など、
何でもお気軽にご相談くださいませ!!
カミネ商事株式会社

関連記事

PAGE TOP